ベッドサイドケアにおける看護ワークフローソリューション

看護師は患者のベッドサイドケアを、全業務と経過観察が電子資料化していく中で、増加の一途をたどる医療技術管理の需要とバランスを取りながら行う必要があります。ハネウェルのワークフローソリューションにより、臨床医は業務の簡素化により能率が上がるため、患者に集中することができます。

WoWカートソリューションでベッドサイドでのスキャンを大幅に改善

病院では昨今、ワイヤレス環境(WoW)カートバーコードスキャンは一般的になりつつありますが、臨床医には効率、より多くのデータ収集、電子記録の向上が求められています。それらはハネウェルのソリューションで実現できます。

ハネウェルWoWカートソリューションは、臨床医による患者のベッドサイドでのバーコードスキャナの使用方法が大幅に改善します。例えば、ハネウェルのXenon™コードレス・バーコード・スキャナは、カートの上方に手前に向けて固定することによりプレゼンテーションモード機能が活用でき、大変便利です。 

プレゼンテーションモードのスキャンでは持ち手を握る必要がなく、片手で作業処理ができます。

検体採取

検体のラベル付けミスの最も効果的な防止策は、ベッドサイドでの印刷です。ハネウェルのカート型または壁取り付け型PB22プリンタは、ベッドサイドでの検体ラベル付けに最適なソリューションです。また壁取り付け型PC23dプリンタは、室内印刷に幅広く利用できる製品です。

投薬管理

WoWカートとモバイルハンドヘルドデバイスは、両方とも医療管理ワークフローに一般的に利用されています。患者のベッドサイドでの薬の確認方法に画期的なソリューションとなる、ハネウェルの新技術をご覧ください。

Apple iPad®のようなデバイスを臨床ワークフローに活用

病院でのすべてのワークフローにバーコードが必要とされるため、新しい製品とソリューションが求められます。ハネウェルはiPhone 6、6s、7向けCaptuvo SL42hエンタープライズスレッドなど、看護師のワークフローの画期的なソリューションとなります。

臨床スマートフォンも集約されたモバイルデバイス

医療現場において、モバイルデバイスをまとめることでケア医療の提供方法を変革することができます。バーコード対応ハンドヘルド コンピュータは、機能およびスマートフォンのユーザーエクスペリエンスを組み合わせ、医療用モバイル アプリケーションと連携させることで有効活用できます。

結論として臨床スマートフォンは
 
昨今のモバイル臨床医は、病院内のいつどこでも患者のデータ、医療デバイス状態、医療警告時および確実なチームとのコミュニケーションに対し、デスクトップ、WoWカートコンピュータに依存することなく対応可能です。
臨床ワークフローの合理化、ベッドサイドでの患者ケアの向上ソリューションについての詳細は、ハネウェルにお問い合わせください。
Captuvo SL42h Enterprise Sled for iPhone 7, 6, and 6s

関連情報

連絡先