病院倉庫物資の管理ソリューション

医療現場における在庫の保管、提供、追跡管理は、患者のケアと請求の精度を高めるうえで重要です。ハネウェルのモバイルコンピュータ、バーコードスキャナおよびプリンタは、病院サプライチェーンやPAR管理ワークフローで、日々の業務に活用されています。

ハネウェルのデータ収集ツールは倉庫向けに開発された技術を利用し、ユーザーの病院サプライチェーンワークフローを、効率的かつ生産的にします。

病院サプライチェーン向けハンドヘルド モバイルコンピュータ

ハネウェルのハンドヘルド モバイルコンピュータは、病院サプライチェーンのソリューションとして広く使われています。主要なサプライチェーンソフトウェアでも実際に検証されており、在庫管理ワークフローの分野で長年実績をあげてきました。

昨今のモバイル技術需要によって、こうしたソフトウェアソリューションはさらに普及しており、病院でもスマートフォンやタブレットで在庫を管理できるようになってきました。ハネウェルのCT50h臨床用スマートフォン、Apple® iPad mini™、iPhone®、iPod® 向けCaptuvoエンタープライズ バーコード スレッドは、お客様が今使っているモバイル端末を、サプライチェーンのワークフローツールとして活用できるようにする製品です。

詳細については、病院倉庫およびサプライチェーンデータ収集製品をご参照ください。 

バーコードラベル印刷が病院在庫管理に求められる理由

医薬品を実際にフロアーに運ぶ前に、ラベルを貼り直す作業は、在庫管理の重要なステップです。また、臨床ワークフローにおいては、看護師が読み取りやすいように高精度なバーコード印刷を薬局が印刷しますが、倉庫でも正確なバーコード印刷を行う必要があります。スピードが求められる患者ケアにおいて、バーコードの質が悪いことで時間を奪われる余裕はありません。ハネウェルならこの問題を解決できます。
 
ハネウェルのサプライチェーン・バーコード・ラベル・プリンタなら、貴社のニーズに適したモデルが必ずみつかります。

倉庫や臨床バーコードアプリケーションで活躍するデジタルイメージング

いくつかの在庫管理業務では、デスクトップやノートパソコンにバーコードスキャナを接続した方が用途に適している場合があります。ハネウェルにお任せください。倉庫や臨床ですぐに使える、高品質、高性能で信頼性の高いバーコードスキャナをご用意しています。
 
ハネウェルのスキャニング技術は、レーザーではなくデジタルイメージングを使用しています。この違いは非常に重要で、イメージャはデジタルカメラのようにバーコードの映像を撮影して読み取るのに対し、レーザースキャナは光源としてレーザービームを使用して、バーコードから反射した光を判読することでバーコードを読み取ります。 
 
デジタルイメージングスキャナが優れている理由: イメージングはより高速で、低品質なバーコードラベルにも対応できるうえに、特に医療用製品に多く使用されている最小サイズの2Dバーコードの読み取りに適しています。ハンズフリーや固定スキャナ、モバイルコードレスなど、ハネウェルは医療業界に最適な製品を提供しています。
サプライチェーンワークフローのソリューションについて、さらに詳しくはお問い合わせください。

連絡先