貨物から倉庫まで高速処理

受取から格納は、商品の流れと商品に関する重要情報を組み合わせる作業です。 受取時のこの作業速度と正確性は、ワークフローに大きな影響を与えます。 これにはコネクテッド ワークフロー ソリューションが有効です。

受取/格納ワークフローのコネクテッド ソリューション

ハネウェルの入荷ワークフロー コネクテッド ソリューションには以下を含みます。

  • モバイルドキュメント イメージング(MDI)ソフトウェアがプリロードされたモバイルコンピュータ
  • モバイルプリンタ
  • プリンタメディア

このソリューションにより、複雑なDC環境での作業者の正確性、生産性、可視性が向上します。

モバイルコンピュータを使用したスキャンと最小限のデータ入力により、受取データの記録、BOHをリアルタイムでアップデートします。紙ベースの作業に比べ生産性および正確性が大幅に改善し、リアルタイムの在庫の可視性が得られます。

MDIソフトウェアにより電子的に書類事務(輸入書類、MSDSなど)を記録し、それらのファイルを電子送信/保存することで、重要情報への可視性を即座に提供します。

さらにモバイルプリンタを使用すれば、受取側は処理業務中に、情報が届いたその場で各パレットにラベル付けが可能です。これにより固定プリンタまで行き来する必要がなく、効率的です。作業者はより速く作業できるようになり、より多くの仕事をこなせます。

入荷プロセスにおけるコネクテッド ソリューションの利点

  • より短時間でより多くの受取を処理
  • 貨物から倉庫までのサイクル時間と正確性を向上
  • 搬入において無駄なコストとなる、ミスの連鎖をデータ入力の正確さにより防止
  • 商品が物流センターに届いた時点から、高速で正確なスキャニングにより最大効率化
  • 在庫の可視性により移動時間短縮、入荷関連タスクの統合
  • タスクに合わせ設計された技術により、需要のピークに対応
  • 顧客に提供可能なサービスレベルの向上
入荷/受取処理に関するコネクテッド ソリューションについての詳細は、ぜひハネウェルにお問い合わせください。

連絡先

 

サポート: