パレット/ケース/個別の梱包、積荷、出荷により商品をより速く予定通りに発送

インバウンドワークフロー同様、アウトバウンドワークフローは出荷時のお荷物の流動化に重要です。それが滞れば出荷プロセスが停滞し、発送が遅れ、顧客サービスの質に影響が出ます。

ハネウェルのアウトバウンドプロセス用コネクテッド ソリューションには、モバイルプリンタおよびプリンタメディアと組み合わせたモバイル コンピュータがあります。以下のように、アウトバウンドワークフローの活性化を図ります。

アウトバウンド出荷先ラベルのスキャンにより、積み荷作業員が倉庫管理システムと直接通信し、すべての所定ルート/目的地宛にパレットが積まれていることを確認できます。これにより、パレットの積みもれによる再集荷を防止できます。

さらに、パレットを積むたびにドアやトレーラーをスキャンすることで、各パレットが正確なルート/目的地宛に積まれているか確認できます。これにより、誤って積荷または配送された荷物に関連する余分な輸送コストが排除できます。

そしてハネウェル プリンタがあれば、作業員は必要に応じてラベルの印刷し直しがすぐできます。しかも、モバイルコンピュータのカメラを使用して積荷状態の確認ができ、物流センターに対する損傷請求を防止できます。

物流センターでのアウトバウンド/出荷プロセス向けコネクテッド ソリューションについての詳細は、ハネウェルにお問い合わせください。

連絡先