検体採取用臨床医ワークフローソリューション

検体ラベル付は、患者の安全性向上のために次に重視すべき意味ある使用の機会として、最近はより詳細な精査の対象となっています。少なくとも、検体採取ラベル付けの間違いは時間の無駄につながります。より深刻なことは、誤診断につながりかねないということです。このため、病院は検体ラベル付けの新しいソリューションおよび新しいベストプラクティスを作成するためにEMR(電子カルテ)ベンダーおよびハネウェルと緊密に協力しています。 

ハネウェルの検体採取ワークフロー用の最新ソリューションについて以下をご覧ください。

患者検体ラベル印刷における今日のベストプラクティス

かつては、看護師および採血医が看護師ステーションまたは病院の検査室に置かれているプリンタで検体ラベルを印刷していました。そこから臨床医は、異なる患者の検体ラベルを手にして病室から病室を巡回していました。 

通常、臨床医は各患者の正しい検体ラベルを注意深く選択しますが、間違いは起こり得ます。そのような間違いは高価になるだけでなく、不要です。

今日では、患者の検体ラベルは臨床でのみ、そして検体のラベル付け準備ができた時点で印刷することがベストプラクティスです。このワークフローにより、臨床医が間違ったラベルを選択するというリスクを排除できます。 

EMR (電子カルテ)ベンダーは、このワークフローの改善を反映してソフトウェアを更新しました。そして、大手病院はかつて以上にこの検体ラベル印刷方法を導入するようになってきています。

EMR (電子カルテ)ベンダーは、真の臨床印刷には病院が各WoWカートにモバイルプリンタを取り付けるひつようがあることを認識しています。また、ED、ICU、PACUなど、大量に検体採取する部屋には壁取付式プリンタを追加する必要もあります。

看護師や採血専門医がプリンタやラベルを患者の病室に運んでいたのはもう過去のことです。臨床医は、もっと重要なことに集中する必要があります。検体採取にWoWカートを使用するかハンドヘルドコンピュータを使用するかにかかわらず、臨床プリンタは不可欠です。

ご自分でご確認ください ハネウェルで病院がどのように検体採取ワークフローを改善し患者ケアを向上できるかについてお問い合わせください

関連情報

連絡先